エメラルドグリーンの海

大自然を全身で感じ、受け止めましょう

沖縄の大自然はどこまでも美しいです。エメラルドの海をひたすら眺めて自然の空気を目一杯心身に取り込むスポットをご紹介します。まずはそれほどメジャーになっていない隠れたリゾート、沖縄本島北部、今帰仁村の古宇利島です。全長1,960mの古宇利大橋を渡って屋我島から入りましょう。車で駆け抜ける島への道のりもエメラルドグリーンの海の只中にいる爽快感を味わえます。この島にはアダムとイヴのような神話伝説があります。そんなロマンを思い描きながら海の色を目に焼き付けましょう。 もうひとつは加屋真島です。ウサギの島とも呼ばれるこの島でサンゴ礁と熱帯魚の「お魚畑」の海。頭を空っぽにして、エメラルドグリーンの海が、満天の星が降り注ぐまで眺めていましょう。

海の色と、パワースポットで元気をもらいましょう

久米島の「比屋定バンタ」の断崖絶壁のパワースポットは自然の迫力を体感できるパワースポットです。海抜200m、眼下に広がるエメラルドグリーンの海と渡名喜島、そして空の青さでエネルギーが体に蓄積されていくのが感じられそうです。そして久高島。神の島とも言われている島の遊歩道「ロマンスロード」を抜けカベール岬までたどり着きましょう。岬から見える透明度の高いエメラルドグリーン海は大自然と伝説の神秘が相まって更に忘れられない風景となります。周囲わずか8kmの島で常に海の青さを目に入れながらゆっくり散歩ができます。そして果報(かふう)バンタ。沖縄本島から海中道路を通り平安座島の先の宮城島にその崖はあります。120mの崖からの絶景を風を受けながら竜宮神のエネルギーを感じてください。

竹富島のツアーで人気なのが、水牛車に乗ってゆっくり集落を巡るプランです。島の歴史やお店の案内などスタッフの説明を聞きながらのんびりと観光できます。