沖縄の珍しい動物達

100%または高い確率で出会える珍しい動物

本州からだいぶ離れた場所に位置する沖縄には関東や関西の人達などにとっては珍しい動物が色々と生息しており、高い関心を集めてきました。その中で、時期によってはある程度高い確率で会えることができる人気動物であるのが巨大な海ガメです。ではどのようにしたら海ガメを生で見られるのかというと、産卵の時期である春から夏の時期に産卵地の近くでダイビング体験をすると高い確率でみられます。また、一般的な肉牛・乳牛とはだいぶ違う姿をしている水牛についても、うるま市の某植物園では気軽に見られるほか実際に水牛車に乗る事が可能です。鳥で言うと天然記念物のヤンバルクイナが沖縄に生息する鳥として有名ですが、沖縄本島北部のヤンバルクイナ関連の学習施設は気軽に本物を見られる施設です。

出会える可能性が少ない希少動物

ヤンバルクイナは関連施設内で100%必ず見られるほか、海ガメに関しても時期によっては高い確率で目撃できますが、中にはめったに見られない動物もいます。その代名詞と言えるのが教科書で学習するため小学生の間でもその名が広く知られているイリオモテヤマネコ(西表山猫)です。この国民憧れの特別天然記念物は、絶滅したわけではなく現在でも生息していますが西表島の中にもそんなたくさん生息しているわけではありません。西表島にて実施されている関連ツアーに参加しても必ずしも目撃できるとは言えず、同じく特別天然記念物のカモシカ同様に運が良くないと見られない希少動物です。もしどうしてもイリオモテヤマネコを生で見たい場合は、ある程度長期で西表島に滞在し、見られるまで根気強く努力を続ける必要があります。

与論島は鹿児島県の南端にある島で、豊かな自然と透明度の高い綺麗な海が魅力です。特に与論島の旅行で欠かせないスポットは百合ヶ浜です。白砂のビーチとエメラルドグリーンの海がとても美しく絶景です。