お土産に買いたい!沖縄のお菓子!

定番以外のおすすめの沖縄のお菓子はどれ?

沖縄旅行の楽しみの一つといえば、沖縄の食・グルメです。沖縄そばや豚肉料理など、沖縄ならではの料理をぜひ堪能しておきたいですよね。そんな沖縄料理の中でも、特に沖縄のお菓子は種類も豊富でお土産に買って帰るのにはピッタリ!
沖縄のお菓子といえば、定番のちんすこうやサーターアンダギーに加えて最近は紅芋タルトなどがお土産のお菓子として人気があります。でもそんな定番のお菓子以外にも、沢山のお菓子が沖縄にはあるんですよ。今回は、そんなあまり知られていない沖縄のお菓子から3つほどご紹介してみましょう。
まずはじめにご紹介したいのは、「ポーポー」。ポーポーとは薄く焼いた小麦粉の生地にアンダンスーという油味噌餡を丸めて包んだもので、沖縄では家庭でも作られるような定番のおやつにもなっているお菓子です。もちろんお土産にもぴったりなので、ぜひ探してみてくださいね!

まだまだある、沖縄ならではのお菓子を探そう!

沖縄ではお馴染みのお菓子ですが、意外と知られていないのが「クンペン」です。クンペンは琉球王朝時代に接待のために用いられていたといわれる高級なお菓子で、小麦粉と卵をベースにした生地でゴマ餡などを包んだお饅頭の一種です。現在では沖縄のスーパーなどでも普通に売られていますが、ちょっと高級感のあるお土産を選びたいときにはオススメですよ。
そして最後におすすめしたい沖縄ならではのお菓子は、「ムーチー」です。ムーチーとは「餅」を意味する沖縄の言葉。沖縄のムーチーは、もち米を月桃というハーブの一種の植物の葉っぱで包んで蒸した蒸し餅で、黒糖や紅芋、ウコンなどさまざまな材料を使ってつくられています。バラエティも豊富にあるので、お土産を選ぶときの選択肢にはぜひ加えてみてくださいね!
今回ご紹介した以外にも、まだまだ沖縄には沢山のお菓子があります。自分ならではの、お気に入りのお菓子を見つけてみてはいかが?

西表島のツアーでは亜熱帯ジャングルを満喫できるプランが人気で、鍾乳洞を探検するケイビングやマングローブ林を散策するトレッキングツアーなどがあります。